スペース/ストア

辺境地展

2011年夏、郷里である秋田に帰って制作をすることになり、ここで作ることにはどうしたらいいだろうと思った。地理的にも工芸史的にも文字通りの「辺境」である秋田で。
自分なりのひとつのシンプルな回答は、あまり悲観も無理もせず、自分が心地よいことをすればそれでいいということ。
そう思って周りを見渡すと同じような環境で作ってる作家もちらほらいることに気付いた。
もっと言えば作家活動自体、社会的には隅っこの行為。つまり我々は常に辺境に片足を突っ込んで制作してるのかもしれない。
今回はそんな「辺境」からの作家が5人集まります。各々、千葉、鹿児島、東京、スウェーデン、秋田で制作している作家です。ぜひご高覧ください。
田村 一

辺境地展
開催期間/6月26日〈金〉〜7月5日〈日〉
開催場所/design labo necco sendai
〒980-0811 仙台市青葉区一番町1-15-38 小林ビル3F
022-796-5203
営業時間/12:00–18:30(時間は変更になる場合があります)

参加作家
伊豆野 一政<東京>
oya masayoshi<スウェーデン>
古賀 崇洋<鹿児島>
田村 一<秋田>
新見 麻紗子 <千葉>

秋田市在住の陶芸家、
田村一さんの企画による
若手気鋭陶芸家5名によるグループ展です。